ハローエンドロール

About

東京都で活動中のガールズスリーピースバンド『ハローエンドロール』

平山織愛(vo.gt.)、矢嶋瑞貴(Ba.key.)、石井萌々子(dr.)の3人で活動中。

どこか懐かしくて切なくなる歌声と、瑞貴·萌々子のピュアなコーラスワークが魅力。ギター、ベース、ドラムというシンプルな編成にこだわり、素直で純朴な等身大の感情をストレートに表現している。

2014年
2月、『HELLO AND ROLL』として活動を開始。
3月、初ライブの音源を100枚限定生産。好評により即配布終了。
8月、Gt&Vo平山織愛・Ba&Key矢嶋瑞貴、2人での活動を開始。 サポートドラムを迎えレコーディングを行う。
10月、初企画「ゆめごこちシアター」を開催し、ミニアルバム「夢みたいだ」を発売。
初ライブから1年経たずして新宿Motionの年末イベントに出演。


2015年
10月、再び自主企画「ゆめごごちシアターVol.2」を開催し、1stシングル「夜明け前」を発売。前作「夢みたいだ」の収録曲をトランペットやグロッケンでリアレンジするなど多彩さをみせる。


2016年
6月、月夜のドラッグと共同企画「月夜にエンドロール」を開催。
7月、石井が加わり、現体制になる。同月全出演バンド3ピースという、自主企画「ゆめごごちシアターVol.3」を開催し、2ndミニアルバム「サマーガール」を発売。
10月、「ゆめごこちシアターVol.4」にてUlulUとツーマンライブを行い、「サマーガール」収録曲をほぼ全曲アコースティックアレンジしたミニアルバム「ボーイフレンド」をリリースした。


2017年
3月をもってBa.矢嶋瑞貴が体調不良のため、にこにこスタッフに転身。4月よりGt&Vo平山織愛・Dr石井萌々子2人での活動を行う。平山がルーパーを使用したり、ドラムボーカルを行い、ドラム石井がキーボードを担当するなど、多様なライブを行う。
7月、自主企画「ゆめごこちシアターVol.5」を行い、フォトグラファーともまつりかの写真を中心に、3年半をまとめた自己紹介photobook「START LINE」を発売。ライブ写真や、オフショット、スタッフに転身した矢嶋を含めメンバー全員の100問100答、平山による全曲解説も含む全68pと、自主制作写真集の中では稀に見る大作となっている。
また、同イベントはオープニングアクトにアコースティック編成『ハローエンドロール』として3人が演奏し、本編トリには2ピース編成で締めくくるという、体調不良によりメンバー編成が変わっても、変わらず応援してくれるお客様に向けて感謝の企画となった。当日のフードはにこにこスタッフ矢嶋が担当。
12月、渋谷LUSH年末イベントにて矢嶋瑞貴が復活。スリーピース編成として再スタートをする。


​ 2019年
5月 、「ゆめごこちシアター『HELLO AND ROLL』最終上映」を開催し、
バンド名を『ハローエンドロール』に改名。
7月、初の全国流通ミニアルバム「Horizon Blue」をリリース予定。同時にMVのクラウドファンディングに挑戦している。

飾らないシンプルな楽曲、かき鳴らすギターに乗せるボーカル平山の透明感のある歌声が、心地よいサウンドを創り出している。

twitter Instagram

Member

Discography